教え方で困っていることがありましたら【お問合せ】よりご連絡ください。

差がつくことに敏感にならなければならない小学4年生の算数

差がつくことに敏感にならなければならない小学4年生の算数 小4 算数

小学4年生の2学期くらいになると、学力の差に気づき始めることが多いです。

差があると気づいた時には、思った以上の大きな差になっていることを認識しておきましょう。

 

テストでAさんが100点、Bさんが50点取ったとします。
点数の差は2倍です。

BさんがAさんの2倍の勉強をしたら、Bさんは次のテストで100点を取れるでしょうか?

 

できる人の2倍勉強したからと言って、100点は取れないと直感的に感じ取れると思います。

「見てすぐにわかるくらいの差」は「思っている以上の大きい差」になっているので、取り返しのつかない状態になる前に、一問一問、間違えた問題を見直しして行きましょう。

小学4年生で習う10個のカテゴリー

学校の授業カリキュラムを考慮し、10個のカテゴリーに分類しました。

1.角
2.折れ線グラフ・変わり方/整理のしかた
3.大きな数
4.垂直と平行/台形・平行四辺形・ひし形
5.割り算/計算の順序・きまり
6.小数のたし算・ひき算
7.がい数・計算の見積もり
8.長方形・正方形の面積/大きな面積の求め方
9.分数のたし算・ひき算
10.直方体と立方体/面や辺の平行と垂直

お住まいの地域、通学している学校により、習う順番は教科書によって多少異なりますが、小学4年生の1年間に習う内容は同じです。

小学4年生の勉強内容は、中学生や高校生になっても使う基本事項が満載です。

小さな間違いに気を配り、しっかり積み重ねていきましょう。

 

勉強は、時が経てば経つほど、取り返す時間が余計にかかってしまいます。

間違えた問題を見直ししておかないと、中学・高校での数学につまづく原因となることがあります。

中学や高校で数学が苦手にならないように、小4の算数は1学期の初めから、小さな変化を見逃さないようにしていきましょう。

※間違えた問題は、正解するまで解き直しをするようにしましょう!

小4 算数

【小4算数】aと同じ角度はどれ?-垂直と平行といろいろな四角形(台形・平行四辺形・ひし形) の解き方・教え方

小学4年生の算数で習う「垂直と平行といろいろな四角形」の問題の解き方をアニメスライドでわかりやすく解説し、解き方のポイントと教え方のポイントをまとめました。垂直は直角(90°)に交わることや、平行四辺形・台形・ひし形の特徴についての説明を選択形式で解く問題等を通して、図形問題をイメージしながら覚えて欲しいと思います。
小4 算数

【小4算数】100は 0が2個、1兆は 0が何個?-大きな数 の解き方・教え方

小学4年生の算数で習う「大きな数」の問題の解き方をアニメスライドでわかりやすく解説し、解き方のポイントと教え方のポイントをまとめました。億から兆になる時の計算ミスの原因は、けた数の覚え方が明確になっていないことがよくあります。どうすれば億や兆での計算で間違えないか等、解き方のポイントや教え方のポイントを是非、参考にしてほしいと思います。
小4 算数

【小4算数】グラフは書けますか?-折れ線グラフ・整理の仕方 の解き方・教え方

小学4年生の算数で習う「折れ線グラフ」と「整理のしかた」の問題の解き方をアニメスライドでわかりやすく解説し、解き方のポイントと教え方のポイントをまとめました。折れ線グラフは点を打ってつなげれれば大丈夫。整理のしかたは、簡単な文章が読めるのかの確認に利用してくだされば幸いです。
小4 算数

【小4算数】2つの三角じょうぎでできる角度は何度になるの?-角度問題の解き方・教え方

小学4年生の算数で習う「角度」の問題を基本の2直線の交差から、2つの三角じょうぎでつくる角度までの解き方をアニメスライドでわかりやすく解説し、解くためのポイントと教えるためのポイントをまとめました。3つの直線が交わってできる角度を求める問題も、順番に解けば、易しく感じることができると思います。
タイトルとURLをコピーしました