教え方で困っていることがありましたら【お問合せ】よりご連絡ください。

中2の数学は、夏休みから公立高校入試過去問を解こう

中2の数学は、夏休みから公立高校入試過去問を解こう 中2 数学

『まだできないんじゃないの?』

なんて聞こえてきそうです。

もちろん、中2の2学期以降に習う単元の問題はできません。

しかし、中2の1学期まで習った範囲の問題なら、もう解けるのです。

 

数学は積み重ねの教科です。
中1の忘れた範囲を思い出すためにも、公立高校の出題傾向にいち早く慣れるためにも、中2の夏から、習った範囲の過去問を解いていきましょう。
(特に東京都・神奈川県の問題は読む量が多いです。日頃読書をしていないお子様は、まずは読むことに慣れましょう)

また、出題されている問題から傾向を知り、自分の子供に合った対策も考えていきましょう。

中3の夏休みでは間に合わないことでも、中2の夏休みの時期ならまだ間に合うことが多いです。
中2の中だるみしやすい中、緊張感を中3まで継続し、行きたい高校を目指して頑張りましょう。

 

中学2年生で習う6個のカテゴリー

中学2年生で習う内容は、大きく4つに分類できます。
小学校の時に分かれていた ”数” と ”計算” は一つにまとめました。 ”数と計算”、”グラフ”、”図形”以外のカテゴリーとして”確率”を独立させました。

1.単項式と多項式の計算
2.連立方程式
3.一次関数とグラフ
4.同位角・錯角~三角形の合同の証明
5.図形の性質と証明
6.確率

中学2年生では、中学1年生で学んだことを発展させた問題を解いていきます。
また、”論理的な思考と記述” が必要な証明問題も加わります。

 

正解率を上げるため(=テストで点数を取るため)に、類似問題を繰り返し解くことが重要です。
繰り返し解く回数は個人差がありますが、数学が得意でなくても、繰り返し解くことで正解率を上げることができます。

点数を取りたいだけの類似問題を数多くこなして、取りたい点数を取っていきましょう。

 

勉強は、時が経てば経つほど、取り返す時間が余計にかかってしまいます。

正解率が低い問題は繰り返し解き、間違えた理由を子供に説明してもらいながら進めていきましょう。

中2 数学

【中2数学】『代入法』vs『加減法』どっちが解きやすい?-連立方程式 の解き方・教え方

中学3年生の数学で習う「連立方程式」のテストで狙われやすい問題の解き方を アニメスライドでわかりやすく解説し、解き方のポイントと教え方のポイントをまとめました。連立方程式はたしかめ算ができるので、高得点を取りやすい単元です。必ずたしかめ算をして、テストで点数につなげてほしいです。
中2 数学

【中2数学】連続する偶数って 文字式でどう表すの?-式の計算(文字式)の解き方・教え方

中学2年生の数学で習う「式の計算」の基本問題から整数nを使った文章問題まで、解き方をアニメスライドでわかりやすく解説し、解き方のポイントと教え方のポイントをまとめました。学校のテストでは必ず出題される単元なので、押さえておくべきことを厳選しました。テスト前には必ず目を通してテストでいい点数を取って欲しいと思います。
タイトルとURLをコピーしました