教え方で困っていることがありましたら【お問合せ】よりご連絡ください。

できそうな問題で正解率を上げることが合格へつながる中学3年生

できそうな問題で正解率を上げることが合格へつながる中学3年生 中3 数学

公立高校の受験は内申が影響するので、2学期までは学校のテストを重視しましょう。
学校の授業が無い夏休みに中1・中2の復習を一通り終わらせましょう。

中3の定期テストや入試では、得点が取れなければ勉強した意味がありません。

わかっていたのに、点数につながらないなんて勿体なさすぎます。

わかっている問題を確実に点数につなげるために、中3の数学では、できそうな問題を繰り返し解いて正解率を上げていきましょう。

 

中学3年生で習う7個のカテゴリー

学校の授業カリキュラムを考慮し、カテゴリーを7個に分類しました。

1.展開と因数分解
2.平方根と平方根の計算
3.二次方程式
4.二次関数とグラフ
5.相似と証明/平行線と線分の比
6.円周角と中心角
7.三平方の定理

中学3年生では、中学2年生で学んだことを中心に発展させた問題を解いていきます。

できそうな問題の正解率を上げるため(=テスト・入試で点数を取るため)に、同じ問題も自分で説明できるようになるまで、繰り返し解くことが重要です。

繰り返し解く回数は個人差がありますが、数学が得意でなくても、繰り返し解くことで正解率を上げることができます。

正解率が上がるまで類似問題を数多くこなし、内申を上げて合格を勝ち取りましょう。

 

受験生なので、勉強を後回しにはできないはずです。
まずはわかっている問題で、点数を落とさないようにしましょう。

わかっていても正解率が低い問題は繰り返し解き、間違えた理由を子供に説明してもらいながら進めていきましょう。

 

 

 

 

中3 数学

【中3数学】平方根? 有理数? 無理数?-平方根(ルート) の解き方・教え方

中学3年生の数学で習う「平方根」の問題の解き方をアニメスライドでわかりやすく解説し、解き方のポイントと教え方のポイントをまとめました。平方根は、ルートがつく数です。初めのうちは簡単ですが、計算問題でケアレスミスが目立つ単元です。ここでは、テストで狙われそうな、ケアレスミスをよくしてしまう問題をUPしました。
中3 数学

【中3数学】因数分解はどう解くの?-展開・因数分解の 解き方・教え方

中学3年生の数学で習う「展開と因数分解」の問題の解き方をアニメスライドでわかりやすく解説し、解き方のポイントと教え方のポイントをまとめました。因数分解で必要となる、素因数分解のやり方も説明しています。因数分解は、一度経験しないと難しいと思える問題も取り入れましたので、学校のテスト前に確認しておくことをおススメします。
タイトルとURLをコピーしました